ガラス屋にあるたくさんのガラスの中から選ぶ~防寒対策用ガラス~

様々な機能を持つガラスがある!エコなガラスで節約!

冬の電気代を抑えるならガラス交換~防寒対策にも繋がる~

冬になると部屋の中が冷え込んでしまいます。そのため、暖房やヒーターを付けて過ごしている人がほとんどかと思います。しかし、暖房とヒーターの使用で電気代は高くなってしまいます。電気代を安く抑えるためには、窓ガラスに工夫を凝らすと良いです。

部屋が寒いという方は…

毎年冬になると部屋が冷え込んで困っています。窓を閉め切っているのに寒いです。また、暖房やヒーターを付けているため、電気代も馬鹿になりません。何か良い方法ってありますか?
部屋が寒い原因には窓から伝わる冷気が部屋の温度を下げてしまっていることが挙げられます。窓の冷気は、窓に対策をすることで寒さを抑えることが出来ます。方法としては、窓を二重窓にしたり、カーテンなどで冷気を防いだりすることでも変わります。

ガラス交換で防寒対策~これで電気代が抑えられる~

窓の冷気は部屋を冷やしてしまい、暖房の温度を高く設定しないと部屋が温まりません。暖房対策として窓ガラスを交換したり防寒グッズを利用したりすることで、暖房の温度を高くしなくても部屋を暖めることが出来ます。電気代も安くなるので、ガラス屋に相談しましょう。

防寒対策に効果的な種類

複層ガラス
板ガラスを2、3枚使用し、ガラスとガラスの間に乾燥した空気を閉じ込めたガラスです。この構造によって断熱性が高まり、冷気が窓から伝わりにくいので暖房が弱くても部屋を暖めることが出来ます。そのため、電気代の節約にも繋がります。また、外との温度差による結露を起こしにくいです。また、遮熱性と断熱性があるので、特徴を知り、合うものを選びましょう。
遮熱複層ガラス
遮熱複製ガラスは、熱を反射する効果があります。そのため、夏は外からの暑い日差しを跳ね返し、冬は室内の温かい熱を反射させます。そのため、エアコンが弱くても、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができ、電気代を抑えることが出来ます。さらに紫外線によって家具や床が色あせることも防ぐことが出来るので日が入ってくる部屋の窓ガラスと交換すると良いでしょう。
高断熱複層ガラス
高断熱複製ガラスは太陽の熱を取り込んで、なおかつ部屋の中の暖房の熱を逃がしにくくする窓ガラスです。断熱性と保温性ともに優れているため、寒い地域に住んでいる住宅に向いている窓ガラスです。この窓ガラスを使用すると、部屋の暖かさを保つことが出来るので、暖房を弱く設定したり、使用を控えたりすることで電気代が抑えられます。

注目されているエコガラス

冬場だけでなく夏場の電気代も抑えられます(ガラス屋)

エコガラスとは、複ガラスとガラスの間に特殊な金属膜が入っている窓ガラスの事です。遮熱機能と断熱機能に優れていて、夏でも冬でも部屋の温度を快適に保つことが出来ます。エアコンを使用しても電気代を安く抑えられます。さらに結露と紫外線の侵入を防ぎます。ガラス屋に依頼して防寒対策としてエコガラスに交換しましょう。

防寒対策ができるガラスと一般のものとの違い

ガラス屋を利用する際は、ガラスのタイプを聞いておく必要があります。一般ガラスは、透明なタイプや網目状に金属が入っているタイプ、外から見えないように曇っているガラスなどがあります。それと比べて違うのは、機能ガラスです。機能ガラスは、複製ガラスやエコガラスなどのように、目的をもって機能的に優れたガラスのことです。防寒対策では、機能ガラスを選ぶと良いでしょう。

TOPボタン